ブライダルと言えば、きらびやかなウェディングドレスを着れる人生で唯一の機会でもあります。
美しい思い出にするためには脱毛など肌のメンテナンスは欠かせません。

しかしブライダルのために脱毛する場合、いつから始めたらいいのか分かりません。
そこでブライダル脱毛を始める時期やウェディングドレスを着るなら絶対に脱毛したい部位について解説していきます。

全身まんべんなく脱毛するなら1年半前から始める

ウェディングは生涯に一度のイベントですから完璧を求めるのは当然です。
しかし、全身をくまなく脱毛するには効果の高い医療脱毛でも2年ほどかかると言われています。
そこで完全脱毛を目指すのを止めましょう。
自分でムダ毛の量が減ったと実感できるレベルまで処理できれば、第三者目線から見てムダ毛が気になることはなくなりますから、そこを目標にします。

ムダ毛が減ったと実感できる施術回数はレーザー脱毛であれば平均6回です。
レーザー脱毛の施術ペースは2ヶ月に1回ですから、6回通うなら1年前には始める必要があります。
予約の都合がつかないケースも考慮して1年半前に始めれば万全でしょう。

目立つ箇所だけなら半年前でも大丈夫

急遽結婚が決まって式まで時間がない場合は全身を脱毛するのは難しいです。
仮に結婚式まで半年しかないとするとレーザー脱毛は多くても3回の施術が限度ですから、結婚式には短いムダ毛が目立つ状態でのぞむことになります。

しかし、SHR脱毛など最新脱毛手法を利用すれば2週間に1回施術を受けられるので、半年でも12回の脱毛処理が可能です。
SHR脱毛を12回受ければ毛の薄い腕や背中は十分にキレイにできますよ。

ブライダルに備えて脱毛したい部位とは?

一般的に、ブライダル脱毛で重要とされる部位は次の4つです。

  • うなじ
  • 背中

特に目立つのはうなじです。
ブライダルではアップスタイルのヘアにすることが多いので普段メンテナンスしていない、うなじは用注意でしょう。

背中や腰も自分でメンテできないので放置されていることが多い部位です。
ウェディングドレスは背中が開いたものが多いので、この部位も無視することはできません。

顔に関しては産毛の脱毛がメインになります。
産毛を処理できればメイクのりが改善されるので顔の明るさがアップして、見る人に良い印象を与えてくれます。